So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

家具(こたつ) [家具]

こたつを買おうかと思ってるんですが、
堀ごたつがあるといいなぁ。

家に簡易的に作れる掘りこたつ。
ky_noz2_b3.jpg

見つけたサイトであった表記です。↓↓↓↓
※タイプについては一般的なコタツサイズで2種類をご用意しました。
コタツの脚の外間の巾で区別してあります。
80タイプは最大巾80cm×80cm
120タイプは最大巾120cm×80cm
コタツ脚受けは幅もあり少し小さくても落下する事はありません。


家具(おもしろチェアー第2弾!) [家具]

イースね!!

この家具、どうでしょう?

nt019-1.jpg

zakkayafree_nt019.jpeg

見れば何の形かすぐにわかるでしょ?
でも実は立派なインテリアチェアーなんですよ~!!
細かいところまでリアルに造っちゃいました!!
安定感も座り心地もバッチリです。
お部屋にポン!と置いておくだけで和みますよ!

家具(円形ベッド・リクライニング式) [家具]

この円形。

いいですね。
寝ころぶと気持ち良さそう。

b15_0.jpg

なんとこのベッド、リクライニング式なんです。
bp18_0.jpg

強度試験を重ね強化された頑丈なフレームが、回転&リクライニング機能を実現しました。
お二人で使用されても、高性能モーターが荷重をバランス良く受け止め、
安定したリクライニングを実現します。
リクライニング機構を可動させている際に背フレームの裏部分に物が挟まると、
安全装置が働き、自動的に停止します。
操作は専用リモコンで簡単に行え、暗闇でも視認性の高い蓄光ボタン仕様です。

家具(猫脚家具) [家具]

猫脚家具。どうですか?

エレガントでお姫様気分の可愛い家具
清潔感のあるホワイトに、可愛いピンクのツートーンカラーに仕上げたお洒落な家具です。メルヘンチックな雰囲気漂うお姫様系家具。アイテムも豊富なのでトータルでお部屋をコーディネート出来ます。

picazcod-363PK_thumb.jpg

家具とは? [家具]

Yahoo!の~百科事典より~

室内外の空間において人間が生活を営むために使用する道具類の総称であり、代表的なものには椅子(いす)、ベッド、机、テーブル、たんす、戸棚などがある。これらはもともと建物に固定されず、動かせる道具類をさしていた。ドイツ語のMbelや、フランス語のmobilierは、ともに「動くもの」からきている。一方、建物に固定された造り付けの家具は、フィクスチュアfixtureとよばれ区別されていた。英語のファーニチュアfurnitureは「設備されたもの」から出ているが、現在このことばは、インテリアのなかで動くものはもちろん、建物に固定されたものをも含み、さらに戸外で使用されるベンチや街灯、ごみ箱などをもストリート・ファーニチュアとよぶようになったので、これをもあわせて、その概念は従来よりはるかに広くなってきている。

家具は建物の造り方と密接な関係をもつ。日本の伝統的な家は、木の柱を立ててその間に軽い建具をはめ、床(ゆか)の上に直接座って暮らす開放的な形式であったので、室内にはごくわずかの家具しか置かれず、平安時代にはそれを「調度」とよんだ。この家の造り方はのちに数寄屋造(すきやづくり)に発展していくが、畳の上の住まい方は融通無碍(むげ)で、膳(ぜん)を置けば食事室になり、ふとんを敷けば寝室になるという使い方ができるので、家具もまた軽くて容易にかたづけられる小形のものが多かった。いわゆるノーファーニチュア(家具を使わない)の住まい方が日本の伝統的なものになっていた。

一方、ヨーロッパの家は厚い壁で囲まれていて、寝室にはベッド、食堂には食卓と椅子というように部屋の中には各用途にあった家具が置かれた。そのため家具を移動させる必要がなかったので、古くから重く大きいものが発達した。普通、ヨーロッパの椅子を使う住まい方を「椅子式」、日本のように畳の上で暮らす住まい方を「平座式」とよんで区別している。

明治初期の日本には文明開化とともに椅子式生活が取り入れられた。最初に椅子を使用したのは役所と学校であったが、庶民の日常生活は相変わらず畳の上で行われていた。それが急速に椅子式に変わり始めたのは1955年(昭和30)ころからとみてよい。とくに日本住宅公団(現、都市再生機構)の集合住宅がつくられ、団地が普及してから、生活様式は椅子式へと変わっていった。

家具はまず食事室に椅子を取り入れることから始まり、DK(ダイニングキッチン)に続いてLDK(Lはリビングルームの略)が一般的なものになると、居間用のだんらんのための家具が普及していった。昭和30年代には木製家具の生産量は10倍に伸びたが、その数字はこの時期に日本の生活様式が急速に椅子式に変わっていったことを物語っている。第二次世界大戦前において応接家具をもつのは一部の上流階級にすぎなかったが、この時期を境にして庶民の間にも組合せの家具が広く行き渡るようになった。それに伴いインテリアへの認識もまた少しずつ変わっていくことになった。

家具(バルセロナチェア) [家具]

バルセロナチェアのうんちくです。。

ドイツの建築家ミース・ファン・デル・ローエが 1929年にバルセロナ国際博覧会のドイツパビリオン(ミース自身が設計)の為にデザインしたのがこのバルセロナチェアです。X形に組み合わされた金属のフラットバーの上に浮くように革でキルティングした座と背のクッションがのっています。

eb2a1885-s.jpg

家具(ボールチェア) [家具]

ボールチェア

インパクトのあるデザインと豊富なカラーバリエーションが魅力のボールチェア(Ball Chair)です。素材にはリサイクルができ環境にやさしいABS素材が使用されていて、屋外でも使える仕様のため汚れに強くお手入れも楽です。塗装には世界のトップブランドであるDU Pont社製の塗料が使用されているので、美しいカラーリングを実現しています。カラーはブラックなど9色からお選びいただけます。

2f_01_340-1.jpg

家具(ミニチュアデザイナーズチェア) [家具]

ミニチュアデザイナーズチェア

メジャーなデザインばかりを集めたシリーズ第1弾です。9種類のデザイナーズチェアの1/12サイズミニチュアです。手のひらサイズでなんとも可愛らしいフォルムが特徴で、集めてキュリオケースなどに飾るだけでインテリアとなる商品です。第1弾はレッド&ブルーチェアをはじめ、バルセロナチェア、パントンチェア、シェルチェアなどが忠実に再現されているミニチュアボックスセットです。9種類のミニチュアが楽しめる商品です。

re_p13-1_400.jpg

家具(雑貨) [家具]

日本を代表する伝統工芸である、高岡銅器の着色技術を用いた壁面装飾 on the wall。一輪挿しとしても使用でき、挿すものや魅せ方に合わせて、上下逆さにしてデザインを変えることが出来ます♪高岡の伝統工芸士・折井宏司氏が手作業でひとつずつ丁寧に手作業で仕上げているため、世界に1つしかないあなただけの色や模様を楽しめる壁面装飾です。

7241_1.jpg

家具(カーテン) [家具]

スラットが細く軽やかな印象のウッドブラインド27mmタイプ。比較的小さな小窓に適したサイズです。カラーはa.flat家具と相性の良い4色を厳選しました。

4370_1.jpg
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。